BLUE ARCHIVES

【ポーカーチェイス】ランクを上げたい方へ。上達のコツ!

【ポーカーチェイス】ランクを上げたい方へ。上達のコツ!

ポーカーチェイスは魅力的なキャラクターを使ってテキサスホールデムが遊べるゲームです。

 

ポーカーチェイスを始めた方の中には『テキサスホールデムはよくわからないけどキャラが魅力的だから始めてみた』『Vtuberがやっているのを見て自分もやりたくなった』という方が多いのではないでしょうか。

 

本記事ではそういった方に向けてテキサスホールデムが上達するコツを紹介します。

 

吉良紗幸のスタンプ1

推しのVtuberがやってたから始めたけどどうすれば勝てるのかわからない(泣)


大丈夫!そういった方に向けて上達のコツを教えます。

私のランク戦の戦績です(2021年9月7日)

『上達のコツ2:プリフロップの参加基準』が特に重要です。

それを見ればポーカー初心者でもゴールドに絶対なれます!

本記事はとても長いのでメンドクサイ人はそこだけ見てください!

ランク戦の成績

 

まずは公式の動画を見よう!

まずは公式がせっかく用意してくれている『教則ビデオ』を見ましょう!

7分程度の短い動画ですが、ハンドやコール、レイズ、フォールドなど基本となる専門用語などをわかりやすく説明してくれています。

 

 

対局している最中にルールがわからなくなった場合

対局画面

対局している最中にルールがわからなくなった場合は画面右上の『役一覧』ボタンをクリック。

フラッシュ・ストレートなどの役や役の強さを確認することが出来ます。

 

吉良紗幸のスタンプ1

ストレートとフラッシュってどっちが強いんだっけ?


対局中にわからなくなっても対局画面右上から確認できます。

上達のコツ1:序盤はむやみに賭けない

上達のコツ1は『序盤はむやみに賭けない』ということです。

 

ポーカーチェイスをプレイしていると次のような初心者が散見されます。

・序盤にやたらALL INをする

・序盤に相手がレイズしてきたらこっちもレイズし返してALL IN合戦

 

こういった勝率を度外視したプレイをしていると5位・6位になりやすく、ランクポイントをごっそり削られてしまいます。

ランクを上げたければ、序盤はものすごく強いハンドが来た時だけコール・レイズしましょう

 

吉良紗幸のスタンプ1

ものすごく強いハンドって何?


次のようなハンドです。

 

強いとされるハンドについてはプロのギャンブラーである『世界のヨコサワ』さんがわかりやすい解説をしています。

上達のコツ2:プリフロップの参加基準

 

 

※以下、自分用にまとめたモノです。

【前にレイズがいない場合、BB以外が参加(レイズ)していいハンド】

青色赤色以上=9人制UTG

緑色以上=LJ HJ(6人制ならUTG含める)

水色以上=CO(後ろに3人)

白色以上=BTN(後ろに2人)

灰色以上=フォールド

 

【前にレイズがいる場合、BB以外が参加していいハンド】

CO(カットオフ)がレイズした場合は水色のハンドを持っていると仮定する。

なので同じく水色ならフォールド

緑色ならコール

青赤色ならリレイズ(3bet)

 

【前にレイズがいる場合、BBが参加していいハンド】

どの場所から3BBされても水色以上あればコール

2段階上なら3bet

 

上達のコツ3:1位を狙うよりも4位以上を狙う

上達のコツ2は『1位を狙うよりも4位以上を狙う』です。

 

ポーカーチェイスは5位・6位になってしまうとランクポイントがごっそり減ります。

一度でも5位・6位になるとポイントを取り戻すのが非常に大変です。

 

なので運に期待して1位を目指すよりも、ポイント減少を避けて地道に上を目指すのがポーカーチェイスなりの上達?ランク上げ?のコツだと考えています。

吉良紗幸のスタンプ1

6位になっちゃった。15ポイントも減っちゃったよ(泣)。もうポーカーチェイスやーめた。


そうならないためにも堅実に攻めていきましょう。

 

 

理由は他にもあります。

ポーカーチェイスはオフラインのテキサスホールデムと異なり初心者の方が一定数います

そういった初心者の方は序盤にALL INしたり大量のチップを賭けるので脱落しやすいです。

なので4位以上なら比較的狙いやすいです。

言い方は悪いですが、序盤は静観して初心者が落ちるのを待つのがランク上げのコツになります。

 

上達のコツ4:コールするならレイズしろ!

テキサスホールデムでは有名な言葉ですがコールするくらいならレイズしてください

これは別にコールがダメ!と言っているわけでありません

 

大して強いハンドでもないのに様子見でコールするといたずらにチップを失いますから、賭けるならレイズする気で賭けろということです。

プリフロップ(=場にカードが出てないとき)のレイズ額はだいたい3BBが一般的です。

3BBより低い最低額のレイズはミニマムレイズと呼びます。

ブラフだった場合、ミニマムレイズでは相手に十分なプレッシャーを与えられない。

強い手を持っていても十分な利益を得られないのでミニマムレイズはよくないとされています。

 

また、自分までフォールドで回ってきたとき、参加する場合はレイズしてください。

レイズではなくコールすることをリンプインを呼びましてあまり良くない行為とされています。

 

また、自分の前でレイズとそれにリレイズ(3bet)が入ったら、ものすごく強い手なら4bet、それ以外はフォールドしましょう。

3betに(コールド)コールすることはあまり良くない行為とされています。

 

ちなみに、強い手を持っていてもレイズせずにコールするのをスロープレイと呼びます。

スロープレイはスキルが必要なので初心者には向かないらしいです。

強い手は素直にレイズしましょう。

上達のコツ5:プリフロップ以降

・プリフロップで相手のレイズにコールした場合で自分が先にアクションを行う場合は常にチェックする

(※ここでベッドすることをドンクベッドと呼ぶ。良くない行為)

・ベッド額は1/3~1pot

・ブラフはごくたまにする

(※ブラフは重要だがスキルが必要。初心者には向かない)

 

上達のコツ6:賭け率(VPIP)は20~40%が普通

賭けないと面白くないからひたすら賭け続ける方がいますが駄目です。

 

強いプレイヤーはVPIP(=賭けにのってコール・レイズなどした割合)が低いという特徴があります。一部の方は違いますが。

だいたいVPIPが20~40%くらいです。

どのくらいコールしていいのか迷った際はこの数値を参考にしてください。

 

自分のVPIPはプレイヤー情報からご覧になれます。

ランク戦の成績

 

上達のコツ7:賭ける額は×3、Pot×0.5~1などが一般的

下図は対局画面ですが、コールやレイズの他にも青いボタンで『×2』『×3』などがあります。

どういう時に使うべきかわからない方が多いかと存じます。

対局画面

 

青いボタンの使い道がわからないという方は次を参考にして下さい。(あくまで一例です)

【場にカードが出ていないとき】

・ハンドが強いから強気で行く→青いボタン「×3」

・そうでない→フォールド

【場に3枚~5枚カードが出ているとき】

・相手からチップを引きずり出したい→pot×1/3

・ブラフで相手を勝負の場から降ろしたい→pot×0.5~1

 

上達のコツ8:主要な確率・勝率を知る

次のような確率・勝率は有名なので知っておくとコールやレイズするか判断しやすくなります。

・ハンドがペアだったときスリーカードになる確率

・ハンドがどちらも絵札だった時の勝率

 

当サイトでは主要な確率をまとめてありますので、気になる方はご覧ください。

専門用語をなるべく使わずに解説しているので始めたばかりの方でもご理解いただけると思います。↓

【ポーカーチェイス】最初の2枚が●●になる確率は?勝率は?

 終わりに

テキサスホールデムには次のような言葉があります。

ルールを知るには1日、極めるには一生

この記事で書いてあることは上達するためのほんの一部でしかありません。

 

もっと強くなりたいという方はYouTubeで上手いプレイヤーの動画をみたり、書籍を買うことをおすすめします。

 

お気に入りページへ

タグ:
記事作成日: