ポーカーチェイス攻略wiki

【ポーカーチェイス】ボタンとは

【ポーカーチェイス】ボタンとは

ボタンとは

ポーカーチェイスのボタンとは、Dと書かれた丸いボタンを所持しているプレイヤーのことである。

下の画像では右上にいるプレイヤーがボタンである。

対局画面1

通常、SBの右隣のプレイヤーがボタンとなる。

ボタンは最も有利なポジション

ボタンのプレイヤーは、フロップ以降(※1)常に最後に(ベッドやチェックなどの)アクションが出来るため、とても有利である。

※1 フロップとは場に3枚カードが出た状態のこと

例えば、他のプレイヤーが皆チェックで回した場合は、誰も役が出来ていない可能性があるため、ベッドすることで相手を下せるかもしれない。

逆に、誰かがベッドしてきたら、役がない場合素直に下りることが出来る。

このように相手のアクションを見てから柔軟に行動できるため、ボタンのプレイヤーはポジション的に有利なのである。

 

ちなみに一番不利なのはSBである。フロップ以降、常に最初にアクションしなければならないからである。

ボタンの立ち回り

先に述べた通り、ボタンは相手のアクションを観察できるとても有利なポジションの為、あまり強いハンドでなくても賭けに参加してよい。

具体的にどのハンドなら賭けに参加してよいかは次の表を参考にすること。

この表で『灰色以外のマス』のハンドなら参加して問題ない。

プリフロップ判断基準

 

この表では濃い青>赤>橙>緑>水色>白>灰色 の順に強くなっている。

この表の意味についてより詳しく知りたいかたは世界のヨコサワ様のYouTube動画を参考にすること。

ボタンの意味が分かるとポーカーチェイスがより楽しめる

ボタンのプレイヤーは一般的にハンドが弱くても賭けに参加することが多い。

このことを知っていると、ポーカーチェイスがより楽しめるのではないだろうか。

当サイトでは他にもBBVPIPのような専門用語を解説しているので是非参考にして欲しい。

 

お気に入りページへ

タグ:
記事作成日: